ページの先頭へ

豊島区トキワ荘通りお休み処
豊島区南長崎2-3-2
TEL:03-6674-2518

【4月〜9月】
午前10時〜午後6時
(最終入館 午後5時30分)

【10月〜3月】
午前10時〜午後5時
(最終入館 午後4時30分)

毎週月曜日定休
(祝日の場合は、翌日火曜休館)

最寄駅:西武池袋線 椎名町駅、都営大江戸線 落合南長崎駅

トキワ荘周辺マップ

昭和のマンガ家が暮らした椎名町
〜南長崎。当時の面影を残す街並
をゆっくり歩いてみませんか?

詳しくみる

トキワ荘のおみやげ

お休み処で取り扱っているトキワ荘周辺グッズをご紹介します。

詳しくみる

取材のご依頼

豊島区トキワ荘通りお休み処の取材をご希望の方は、申請書にご記入の上、豊島区文化商工部文化観光課までお申し込みください。

取材申請書(PDF:47KB)

取材申請書(ワード:23KB)

豊島区 公益財団法人としまみらい財団 豊島区観光協会 東京商工会議所豊島支部 トキワ荘関連事業マンガ寄附金について

新着情報

豊島区トキワ荘通りお休み処

「トキワ荘のあったまち」の魅力を発信。

かつて豊島区には、手塚治虫、寺田ヒロオらのマンガ家が、青春時代を過ごしたアパート「トキワ荘」が、椎名町(現:南長崎)にあった。

「お休み処」では、トキワ荘のあったまちを訪れる方々へ、トキワ荘のマンガ家作品の閲覧トキワ荘の部屋の再現等、「見る」「聞く」「体験する」をキーワードに、まちの魅力の散策拠点としての「おもてなし処」を目指します。

豊島区とマンガ・アニメ

豊島区には昭和期から多くのマンガ家が暮らしていました。現在は、池袋のアニメの有名地「乙女ロード」もにぎわっています。マンガの聖地「トキワ荘」と現代アニメのメッカと言われる街として、豊島区では、マンガ・アニメを活かしたさまざまな事業を展開しています。

トキワ荘とは?

昭和27年(1952年)12月、豊島区椎名町五丁目(現・南長崎三丁目)に棟上げされた木造二階建てのアパート。手塚治虫をはじめ、寺田ヒロオ、藤子不二雄、藤子・F・不二雄ら昭和を代表するマンガ家が若手時代に暮らしていました。昭和57年、老朽化のため取り壊され、現在は出版社が建っています。

トキワ荘に住んだマンガ家たち

  • 手塚治虫 (1928-1989)
    1928年 大阪府豊中市生まれ
    1953年~54年入居(昭和28年~昭和29年)
    主な作品「鉄腕アトム」、「ジャングル大帝」
    (注)手塚の塚は旧字
  • 寺田ヒロオ (1931-1992)
    1931年 新潟県新潟市生まれ
    1953年~57年入居(昭和28年~昭和32年)
    主な作品「スポーツマン金太郎」、「背番号0」
  • 藤子不二雄 (1934-)
    1934年 富山県氷見市生まれ
    1954年~61年入居(昭和29年~昭和36年)
    主な作品「忍者ハットリくん」、「まんが道」
  • 藤子・F・不二雄 (1933-1996)
    1933年 富山県高岡市生まれ
    1954年~61年入居(昭和29年~昭和36年)
    主な作品「ドラえもん」、「パーマン」
  • 鈴木伸一 (1933-)
    1933年 長崎県長崎市生まれ
    1955年~56年入居(昭和30年~昭和31年)
    主なアニメ監督作品「ぼくらマンガ家 トキワ荘物語」
  • 森安なおや (1934-1999)
    1934年 岡山県岡山市生まれ
    1956年~57年入居(昭和31年~昭和32年)
    主な作品「赤い自転車」
  • 森章太郎 (1938-1998)
    1938年 宮城県登米市生まれ
    1956年~61年入居(昭和31年~昭和36年)
    主な作品「サイボーグ009」、「仮面ライダー」
  • 赤塚不二夫 (1935-2008)
    1935年 中国東北地方生まれ
    1956年~61年入居(昭和31年~36年)
    主な作品「おそ松くん」、「天才バカボン」
  • 水野英子 (1939-)
    1939年 山口県下関市生まれ
    1958年入居(昭和33年)
    主な作品「星のたてごと」、「ファイヤー」
  • よこたとくお (1936-)
    1936年 福島県田村市生まれ
    1958年~61年入居(昭和33年~36年)
    主な作品「マーガレットちゃん」
  • 山内ジョージ (1940-)
    1940年 中国大連生まれ
    1960年~62年入居(昭和35年~昭和37年)
    主な絵本作品「よめるカナ」